外気の刺激からお肌を守るメイク術

肌に負担を与えるものとして「お化粧」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実はそうではないのです。

製品の質が上がってきている現代「ファンデーションを塗るのは肌に悪い」ということはありません。今は「肌を外気の刺激から守るために必要なもの」というのが、美容業界の新常識となりつつあるのです。そんなメイクを上手に利用することで、美肌キープに役立てることができます。外気というのは想像以上に肌への刺激が強いもの。エアコンによって年中乾燥した環境で過ごすことが多い私たちの肌は、みるみるうちに水分を奪われています。さらに、窓ガラスを通してもたっぷりと室内に入り込む紫外線は、夏だけでなく冬でも強い刺激になります。すっぴんで過ごすということは、肌を吹きさらしているようなものなのです。また、花粉が肌につかないようにすることも重要です。花粉はアレルゲン物質なので、触れるだけで肌トラブルになる場合があります。メイクの仕上げにパウダー系のアイテムでサラッとさせると、花粉がつきにくくなります。真皮層と呼ばれる部分にあるコラーゲンは、紫外線の刺激によって壊されてしまいます。すると肌のハリやうるおいを保てなくなってしまうため、老化が進みます。まずは、紫外線から肌を守るためにもパウダーファンデーションや下地を使いましょう。酸化鉄やチタンなどの微粒子が肌の奥に入ってくる紫外線をはね返します。敏感肌で荒れやすいならば、紫外線吸収剤の入った紫外線防止クリームよりは、ファンデーションの方が安心して使うことができます。使用前に、腕の内側やあごの下といったやわらかな部分でパッチテストをしておきましょう。最近のファンデーションは肌にやさしいものも多く、ミネラルや美容成分が含まれたものがあります。肌がカサカサするならヒアルロン酸、ハリ不足ならコラーゲン、アンチエイジングなら質の高いアルガンオイルが含まれたものなどがあります。お肌に負担を与えないものがたくさんあります。ファンデーションが肌に悪くないことはお分かりいただけたでしょうか。よくないことは、メイクの後、役割を終えたメイクを、きちんと落とさないこと。肌に残ったメイクは、皮脂や汗と混ざりあって酸化した後、肌にダメージを与えることになるからです。メイクはつけることより、きちんと落とすことを意識しましょう。クレンジングの際は、手でゴシゴシこすってしまうと肌に負担を与えないように。またクレンジング剤は洗浄力の弱いもので、やさしく落とすのがポイントです。

「たけや~さおだけ~」
多くの人が文字を見ただけで脳内再生出来るフレーズだと思います。
先日、友達とこの話になりました。
「『たけや~さおだけ~』って回ってるトラック小さい頃見たけど、最近聞かないね」
「そうだね~。そもそも何してるトラックだったの? あれ。竹や竿を売ってたの? 買い取ってたの?」
「う~ん、分からん」
「いずれにしても竹と竿で生活出来るのかなぁ」
「何かの副業なんじゃない?」
「最近副業の方が稼げる業者とかあるもんね! 何の業者だろう」
「分からないけど……」
なんの中身も無い会話ですが、「この店どうして潰れないの?」って店とかありますよね。
そういう店がどうやって稼いでいるのか……。
人には言えない仕事だったりして……。

 

http://xn--eckvazg9pmchz1d8040exh9d.xyz/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ