スーツが長持ちするクリーニング術

良いスーツを買ってお手入れもクリーニングもしているはずなのに、スーツが安っぽく見える気がしませんか。その原因はクリーニングを正しく使えていないからかもしれません。クリーニングはただプロに任せるだけでは効果がなく、正しい知識を持って利用することが大切です。スーツをクリーニングに出す頻度は1シーズンに1回程度で十分です。クリーニングに出す頻度が多すぎるとスーツが傷んでしまう可能性があります。スーツのクリーニングにはドライクリーニングとウェットクリーニングの2種類があります。ドライとウェットの違いは有機溶剤(石油のようなもの)で洗うか、水で洗うかです。その洗剤の違いによって、落とせる汚れも仕上がりも変わります。クリーニングで失敗しないためには、油汚れか水溶性の汚れか、どちらの汚れを落としたいのかをまず決めましょう。油汚れはマヨネーズ・口紅・チョコレートなどの汚れ、水溶性の汚れは汗・オレンジジュース・しょうゆなどの食べ物の汚れです。何が原因の汚れかを把握したあとで、ドライクリーニングとウェットクリーニング(汗抜きコース)を使い分けるのがポイントです。ドライクリーニングはウール(スーツの主な素材)などの洗濯できない素材を、有機溶剤(石油のようなもの)で洗います。有機溶剤は油汚れを落とすのに向いていますが、食べ物や汗などの水溶性の汚れは取れません。シーズン1回程度、衣替えで保管する前に出しましょう。ドライクリーニングで落とす油汚れは、普段はあまり付きません。

 

http://www.danjutsu.com/

シーズンに1回で十分です。むしろドライクリーニングの出しすぎは生地が傷んでしまうので、おすすめできません。有機溶剤(石油のようなもの)がウールの繊維内にある油分まで溶かし落としてしまいます。ウェットクリーニングは水を使って汚れを落としますが、いわゆる洗濯とは違います。クリーニング店の高度な知識や技術を使って初めて可能なサービスです。スーツは水洗いできないはず…とお思いかもしれませんが、素材の特徴をつかんで正しく洗えば、型崩れもなくすっきり汚れを落とせます。ただ、家庭での洗濯はおススメしません。基本的には、汗や食べ物・飲み物などの水溶性の汚れが気になったらいつでも出せます。ただ、料金が高い上にウールは水洗いに向かない素材なので、頻繁に出す人は少ないと思います。クリーニングしたいな?と思っても、すぐにクリーニング店に駆け込むのはやめましょう。クリーニングは頑固な汚れも落とせる分、生地が傷んでしまうなどのリスクがあります。まずトラブルとその原因を把握して、クリーニングが最適な解決策だと分かってから、クリーニングに出しましょう。まず、本当にクリーニングが必要なのかを見極めましょう。実は多くのスーツのトラブルは家庭でも解決できます。インク汚れなどのそれ以外の汚れは、クリーニングでも落ちない場合があります。まずはクリーニング店に相談しましょう。まれにドライクリーニングできないスーツがあります。服のタグを見て、ドライクリーニングできるかどうか確認しましょう。
朝、時間がなくてあまり朝食が取れていませんでした。コーヒーだけ飲んで家を出ていましたが、午前中の仕事で元気が出ませんでした。このままだと仕事に支障が出ると思い、仕事から帰ってスープをたくさん作って冷蔵庫に入れておきました。朝にそのスープをマグカップに入れて電子レンジで温めて飲んで行くようにしたのです。最初は簡単なコンソメスープでしたが、だんだん具材をたくさん入れるようになりました。今野菜を入れることによりしっかり噛むようになりました。メイクをしながらスープを飲んだりしていると意外にお腹が満たされていきました。スープを作る時間がないときにはインスタントのものを飲んだりしていますが、スープを飲んで仕事に行く生活を続けたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ